委託調査、コンサルティング、レポート出版、原稿執筆、セミナー、Web事業などIT関連に幅広く展開しております。

2008年版 中堅・中小企業のPCサーバ導入実態と展望

発刊日:2008年6月16日 体裁:ハードコピー版(A4判77P)  CD版(Word、Excel形式)
価格:95,000円(税込み99,750円)
全国民間企業1210社への詳細調査実施。調査分析期間:2008年1月から5月。

レポート購入のお申し込み(SSL対応)はこちらへ


中堅・中小企業のPCサーバ導入実態レポート

SMBはレガシーマイグレーションが鍵!

サーバ利用の移り変わり


中堅・中小企業を攻略する基本マーケティングレポート

<中堅・中小企業のPCサーバ導入実態と展望の分析ポイント>

  • 1210社の中堅・中小企業のPCサーバ導入実態調査!
  • 年商別、従業員別、業種別にサーバ導入実態を分析!
  • サーバの利用目的、購入先、導入部門まで分析!
  • OSはWindow2003の導入率が5割弱まで!
  • 集約化・統合化!ブレードサーバの動向は?
  • マルチコアCPUの導入率は?


  • <目次
    調査サマリ(調査総括)
    1.ユーザ利用実態動向
     ・ WindowsNTが稼動する2002年以前に導入されたサーバへの対策
     ・ ストレージやN/Wスイッチも同梱可能な統合型ブレードの重要性
     ・ 設置サーバは利用目的比率よりも他手段への移行に注意が必要
     ・ サーバ性能は拡張性も踏まえてトータルコア数を考える時代に
    2.ベンダ販売実態動向
     ・ NEC 『販売チャネルと+α戦略で更なるシェア拡大を狙う』
     ・ 富士通 『オフコンリプレースと販売チャネルで依然として強みを発揮』
     ・ 日本IBM 『ブレード累積シェアでは47.2%を維持』
     ・ 日本HP 『UNIXリプレースや低価格サーバ、ブレードと全方位で攻勢』
     ・ デル 『シェアからバリュー向上へ方針転換』
     ・ 日立 『UNIXリプレースやサポートサービス部門利用にてシェアを伸ばす』


    調査レポート(項目別分析)
    1-1.サーバ利用目的
    1-2.サーバの導入部門
    1-3.サーバの導入時期
    1-4.OSの種類
    1-5.サーバメーカシェア
    1-6.CPUタイプ
    1-7.サーバ形状タイプ
    1-8.サーバ導入パターン
    1-9.サーバ購入先

    2-1.旧WindowsOSの利用状況
    2-2.旧WindowsOSについての今後の考え

    3-1.Linuxについて
    3-2.利用中(検討中の)Linux製品
    3-3.Linuxの利用用途(検討中含む)
    3-4.導入したアプリケーションの形態
    3-5.Linuxを使わない理由

    集計結果1(質問間クロス集)
    サーバメーカシェア×サーバ利用目的
    サーバメーカシェア×サーバの導入部門
    サーバメーカシェア×サーバ導入時期
    サーバメーカシェア×OSの種類
    サーバメーカシェア×CPUのタイプ
    サーバメーカシェア×サーバの形状タイプ
    サーバメーカシェア×サーバ導入パターン
    サーバメーカシェア×サーバ購入先


    集計結果2(属性別データ集)
    1-1.サーバ利用目的(年商・従業員数・業種別)
    1-2.サーバの導入部門(年商・従業員数・業種別)
    1-3.サーバの導入時期(年商・従業員数・業種別)
    1-4.OSの種類(年商・従業員数・業種別)
    1-5.サーバメーカシェア(年商・従業員数・業種別)
    1-6.CPUタイプ(年商・従業員数・業種別)
    1-7.サーバ形状タイプ(年商・従業員数・業種別)
    1-8.サーバ導入パターン(年商・従業員数・業種別)
    1-9.サーバ購入先(年商・従業員数・業種別)

    2-1.旧WindowsOSの利用状況(年商・従業員数・業種別)
    2-2.旧WindowsOSについての今後の考え(年商・従業員数・業種別)

    3-1.Linuxについて(年商・従業員数・業種別)
    3-2.利用中(検討中の)Linux製品(年商・従業員数・業種別)
    3-3.Linuxの利用用途(検討中含む)(年商・従業員数・業種別)
    3-4.導入したアプリケーションの形態(年商・従業員数・業種別)
    3-5.Linuxを使わない理由(年商・従業員数・業種別)

    回答者属性
    回答者属性