委託調査、コンサルティング、レポート出版、原稿執筆、セミナー、Web事業などIT関連に幅広く展開しております。

2008年版 中堅・中小企業のPCサーバソリューション白書

発刊日:2008年12月05日 体裁:ハードコピー版(A4判50P)  CD版(Word、Excel形式)
価格:95,000円(税込み99,750円)
全国民間企業1140社への詳細調査実施。調査分析期間:2007年1月から5月。

レポート購入のお申し込み(SSL対応)はこちらへ


中堅・中小企業を攻略する基本マーケティングレポート

「08年版 中堅・中小企業PCサーバソリューション白書」の発刊

    「サーバ統合」時代を見据えた中堅・中小企業のサーバ選択・導入を提言。「ベンダ」「販社・SIer」「ユーザ」の詳細調査に基づいて分析した、初の中堅・中小企業向け サーバソリューション白書。「ブレード」や「仮想化」といった新技術が混在する中で、中堅・中小企業におけるサーバ市場の方向性を示唆する唯一無二のレポート。


  • [ポイント1] 2009年以降のラック型とブレードの成長率はほぼ同じ値に
  • [ポイント2] 仮想化活用は4ソケット以上のラック型に今後注目が集まる
  • [ポイント3] ブレードの本格普及はLAN及びストレージとの接続性がカギ

  • -今、中堅・中小企業に求められるサーバ導入・活用戦略とは?-

    昨今、中堅・中小企業においては社内に散在するPCサーバの運用管理が大きな負担となっている。社内に 分散し、管理が行き届いていない状態のPCサーバ群は運用ミスによる業務停止や情報漏洩などの更なる リスクも内包している。それを打開する解決策として、2008年に注目されたのが「サーバ統合」である。 「サーバ統合」と歩調を合わせる形で、効率的にサーバを集約することのできる「ブレード」や、一つの サーバ筐体上で複数のOSやアプリケーションを稼動させることのできる「仮想化技術」が中堅・中小企業 にも徐々に浸透しつつある。まさに中堅・中小企業のPCサーバ活用は新しい局面へシフトしつつある段階 といえる。「08年版 中堅・中小企業PCサーバソリューション白書」はそうした状況の中、的確かつ迅速な PCサーバの導入・活用を目指す中堅・中小企業の情報システム担当者、それらを提供するベンダ・販社・ SIerといったPCサーバに関わる全ての方にとって有益な調査データや技術情報を網羅したホワイトペーパ である。



    -2009年以降のラック型とブレードの成長率はほぼ同じ値に

    ラック型とブレードは共にサーバ統合を実現するサーバ形状である。 CPUコア数と占有体積の比率に基づいた集積度という点ではブレード がラック型をやや上回っている。またユーザはブレードのメリットに 自覚的であり、その特性を理解した上で選択している傾向が伺える。 一方、中堅・中小企業のシステム構築を支えるSIerはラック型を主体 としたインテグレーションを行っており、ブレードに対しては静観の 構えを見せている。今後サーバ統合の対象が業務アプリケーションへ 進むにつれ、SIerが関わる場面が増えてくる。そのため2009年以降は ブレードの成長率はやや落ち着きを見せ、ラック型とほぼ同等レベル となり、ラック型とブレードがサーバ統合を担うサーバ形状の両輪を 形成する状況になると予想される。

    -仮想化活用は4ソケット以上のラック型に今後注目が集まる
    現時点で仮想化を実現するサーバ形状としては ブレードに注目が集まっている。しかし仮想化 の本格的な普及はまだこれからであり、サーバ やストレージに既に投資を行っている中堅企業 での仮想化活用はこれからが本番である。 そうした際に重要になるのは異種ベンダ混在型 の環境や、ストレージがNASやSANなどにより ある程度混在された環境における仮想化活用だ。 そうしたケースではラック型でのシステム構築 が有利なケースもあり、大手ベンダは相次いで 仮想化運用を考慮した4ソケット以上、16コア を超えるラック型サーバを投入してきている。 2009年以降はこうしたラック型による仮想化 活用が普及していくものと予想される。

    -ブレードの本格普及はLAN及びストレージとの接続性がカギ
    中堅・中小企業におけるブレード普及の黎明期 といえる2008年はストレージも含めた統合型 のブレードが市場を牽引してきた。 今後は中堅・中小企業のデータ容量増加に伴い ストレージへのニーズがますます高まっていく。 そうした際に重要になるのが、iSCSIのような 外部ストレージへのブレードの接続性である。 大手ベンダはいずれもLAN設定を容易に行える GUIベースのツールやSANの導入を簡易化する ブレード内臓スイッチなどを投入してきている。 これまでエンクロージャ内で全てを完結させて きたブレードだが、今後はLANやストレージと いった周辺機器との接続性が重要なポイントに なってくると予想される。